KIP紹介

KIPとは

KIP(北九州情報サービス産業振興協会)とは、北九州地域の情報サービス産業企業等が、人材育成・交流・広報といった活動や共同事業などを通じて、地域経済の発展に寄与しようとするものです。

KIP会長挨拶

庄司 裕一

北九州情報サービス産業振興協会(KIP)は、「情報サービス産業発展のための社会的、経済的環境の整備を通じ、地域の情報サービス産業の振興を図るとともに、地域経済の発展に寄与すること」を目的として、地域の情報サービス企業や大学等の教育機関、行政機関を主体に、1989年5月に設立されました。
令和3年4月現在、正会員22社、賛助会員19社、合計41社の会員を擁しております。
今日、様々な分野において、DX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みが注目されています。
DXとは、「データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」(経済産業省の定義)とされています。
KIPにおいても、このDXに取り組むことにより、ビジネスの多様化やユーザーのマインドの変化に対応していくことが重要になると考えております。
KIPでは、かねてより「人材育成」、「交流」、「広報」を、事業の大きな柱として取り組んできました。これからの時代(DX)に対応していくためには、この三つの事業による人的基盤づくりは、一段と重要性を増しました。時代の変化に対応するため、ご協力いただける仲間を増やしつつ魅力ある協会を目指してまいります。
会員の皆さま、並びに我々と一緒に新たな情報サービス産業の構築を目指される企業のご協力とご支援を、お願い申し上げます。

北九州情報サービス産業振興協会
会長 庄司 裕一

事業内容

人材育成事業 人材育成・人材高度化を図るため、民間の教育機関等を活用したテーマ別の研修(KIPスクール)を実施するほか、(公財)北九州産業学術推進機構などが実施する社会人向けの人材育成講座や経営者層向けのセミナーなどを活用する。
交流事業 会員相互の交流と情報交換を図るため、講演会や企業PRを含めた懇親会(KlPサロン)等を開催する。また、先進技術や経営感覚を学ぶため、先進企業や施設の見学会を実施する。また、経営者層、中堅社員など対象を明確にしての講演会や勉強会を行い、会それぞれの階層における会員相互の交流を図る。更に、他の業界や自治体等との意見交換の場として、交流会を開催する。
広報事業 協会や協会活動の周知を図るため、情報サービス産業に関するセミナーや講演会を開催する。また、協会の活動や構成会員を紹介するパンフレットやホームページを作成し、会員や協会のPR活動も行う。
会員向けとしては、国・県・市といった行政機関や他の業界から発せられる、様々な情報を整理して会員に提供し、新たな事業へのきっかけとする。

 

役員等

名称 KlP(北九州情報サービス産業振興協会)
Kitakyushu Information service industry Promotion association
設立 平成元年5月22日
会員数 41社(正会員22社、賛助会員19社)
令和3年4月1日現在
会長 庄司 裕一 株式会社ランテックソフトウェア 代表取締役
副会長 丸屋 諭 株式会社YE DIGITAL Kyushu 代表取締役社長
溝田 力三 ミシマ・オーエー・システム株式会社 代表取締役社長
理事

井上 真通 システムエース株式会社 代表取締役
岩永 満宏 株式会社シスコム 代表取締役
河原田 正武 株式会社ニシコン 常務取締役
権藤 拓 株式会社吉川システック 取締役
竹原 順哉 九州NSソリューションズ株式会社 取締役
鉄鋼ソリューション事業部長
庄司 通 株式会社ワイズ・コンピュータ・クリエイツ 代表取締役社長
松岡 信行 株式会社ソルネット エグゼクティブアドバイザー
矢野 宏之 リンクソフトウエア株式会社 代表取締役
監事 麻上 俊泰 株式会社エーエスエー・システムズ 代表取締役
清水 誠 株式会社日本統計センター 代表取締役社長

KIPからのお知らせ